一括査定.com〜カンタン・無料の買取査定ネットワーク

社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイト

全国対応
ありがとう〜サイト開設10周年

車査定の常識・非常識

車下取りと車買取の違い

買取は、まさに言葉通り、です。お店が車査定して、売るお客様がその提示価格に納得できたら、お店側が買取るという商いです。それに対し下取りというのは、そのお店で次の車を購入してもらうことを前提として買取ることをいいます。この場合下取り価格には、次の車購入の『値引き分』という要素も入ってくることが多く、提示価格としては高く出ることが多いんです。ただ、値引き分と下取り額が一緒になっているため、自分の車の価値は正確にはいくらだったんだろう、ということになってしまいます。まずいくらで車を売却して、次の車の購入資金をいくらにするか、厳密に計画を立てたい人にとっては、疑問が残るかもしれません。

昔からあるこの下取りについては、売りたい車と次に買いたい車が同じメーカーなら、そのお店で下取りしてもらうのもいいかもしれません。ただ、ちょっと考えてみましょう。次の車購入の値引き分と下取り価格は、やはり値交渉の中で総合的に決められてしまうので、下取り額は不透明なままとなります。『いくつかの部分を値引いてもらったけれども、結局本当の下取り額っていくらだったんだろう?』という疑問は残ってしまいます。従い、そこのグレーな部分を取り除くために、車買取店でまず売りたい車の価格を知って、次の車の購入資金を明瞭にしていくほうが本当に自分にとってお得かどうかはわかりやすいのは確かです。それに、例えば1つのメーカーだけを扱うディーラーさんよりも車買取専門店のほうが、メーカーにとらわれずに公平な目で査定してもらえることもあります。最近、車買取派の人が増えているのも、こんなところに理由があると考えられます。