一括査定.com〜カンタン・無料の買取査定ネットワーク

社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイト

全国対応
ありがとう〜サイト開設10周年

中古車査定額に、定価無し

保証書、説明書は保存しておく

最近は便利な車内装備が増えましたが、車査定時において意外な落とし穴が取扱説明書です。せっかく高性能なカーナビなどを付けていても、次のオーナーが使い方がわからなければその価値も半減してしまいます。『自分は使い慣れたから』という意識から取扱説明書を疎かにしてしまう人が多いですが、純正品・社外品を問わず取扱説明書は車内に積んでしっかり保管しておきましょう。またそれら付属品の有無も、車査定時の重要なポイントになりますので、こちらも保管しておくようにしてください。同様に、保証書の保管も高年式の車の場合、ディーラーの保証を、次のオーナーに受け継ぐため、必ず必要となります。車を売る場合のことを考え、大切に保管し忘れずに準備しておきましょう。

また純正品から社外品のパーツなどへ交換した場合、元の純正品はぜひ保存しておいてください。中古車市場で車を購入するお客様の趣向は人それぞれです。市場へ再流通した時に、いろいろな好みに対応できるほうがプラス査定につながりやすいのです。