一括査定.com〜カンタン・無料の買取査定ネットワーク

社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイト

全国対応
ありがとう〜サイト開設10周年

車査定の常識・非常識

事故車か、そうでないか。

車のフレーム(骨格)まで至った事故

中古車の査定における「事故車」の定義は、「自動車のフレーム部分を修理、または損傷している車」となります。 つまり、バンパー、ボンネット、ドア、フェンダー、トランクフードなど外板を修理、交換しただけの中古車は「事故車」にはならないのです。 「事故車である」とされてしまうと、 査定金額はだいたい約20%の減額されてしまいます。当然、その中古車の事故の程度が大きい場合や事故の箇所が多い場合、減額率はそれに応じて高くなります。

そこで、どの程度までを事故歴として申告すべきか?電柱にぶつけてバンパーを交換した、バックした時にリアをぶつけ修理に10万円もかかった等々、車に事故はつきものです。しかし、車を手放す場合、どの程度までの事故歴なら言うべきか悩む人も少なくないと思います。「結論」から言えば、車体の骨格部分を損傷して修正または交換した場合(一般にいう修復歴車)は、必ず申告すべきです。さらに、ボンネットやドア、リアゲート(トランク)などを「交換するほど大きなダメージを負ったとき」にも申告すべきです。最初は見破られなくても、その後の過程で、何人ものプロに評価されます。とくに現在はオートオークションに回されることが多く、そこで程度を厳しく判断されます。必ず事故歴は見破られると思ってください。偽って事故歴を申告しなかった場合、店との契約内容にもよりますが、返金はもちろん、悪くすると損害賠償請求の問題が起こることもあり得ますので、ご注意ください。また、中古車で購入した車を売却するようなときは、前オーナーの事故歴はわかりませんから、店側に「事故歴や冠水が後日わかっても契約解除はしない」旨の一筆を入れてもらったほうがいいでしょう。