一括査定.com〜カンタン・無料の買取査定ネットワーク

社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイト

全国対応
ありがとう〜サイト開設10周年
一括査定スタート
一括査定スタート

オペル

オペルについて

オペル

オペルの創業は1862年で、非常に古い老舗のメーカーである。もともとミシン製造会社としてスタートし、自動車市場に参入したのは1899年になる。1902年にはじめてオリジナルモデルを発表している。約100年続くGMとの関係であるが、資本提携が始まったのは1929年からで、第2次世界大戦中の一時期は両社の提携は切れるが、1948年には復縁し、日本ではいすゞ自動車などと共同で手がけたワールドカー(カデット)が有名である。国内で最もオペルが盛り上がったのは、1993年輸入権はヤナセに移行し、ベクトラ、オメガ、アストラから開始され、1994年にはカリブラが発売されたあたりであろうか。1995年には、コンパクトカー「ヴィータ」が発売され、エアバッグやABSなどを装備しながらも、輸入車としては低価格の150万円台から販売されて大人気となった。1996年にはオペル車の年間登録台数は3万8,339台に達していたが、故障の多さ等からユーザー離れが起き販売台数は急減、1999年には登録台数2万台未満となったことから、事実上の撤退となり、大きなニュースとなった。